手に鍼を刺す

サイトマップ

症状の原因を遠ざけると鍼灸の効果が続く

清潔な鍼

美容鍼の効果をできるだけ長く持続させるために、根本的な原因を取り除かなければならないケースもあります。たとえば、歯のかみ合わせが悪く、常に奥歯を食いしばるクセがある場合などがそれにあたります。歯のかみ合わせが悪いことが原因で表情筋が凝り固まり、顔の血流が悪くなっているとしたら、その状態で美容鍼を刺しても効果は一時的なものになってしまいます。せっかく美容鍼でコリをほぐし、血流を促しても、その直後からまた食いしばりのクセが出てしまったのでは、自ら元の状態に戻しているのと同じだからです。逆に、原因となっているかみ合わせをきちんと治療してから美容鍼の施術を受ければ、効果の持続期間は長くなると考えられます。目の下のクマに対する治療の場合も同じです。クマができやすい生活を続けたまま美容鍼を受けても、効果は一時的なものになってしまいます。目の下のクマは原因によって種類が複数あるため、自分のクマの原因を知り、原因となる生活習慣などを見直してから美容鍼を受けるようにするとよいでしょう。効果を実感しやすくなるうえに、長く効果を実感できるようになるかもしれません。
美容鍼の効果は、それほど長いものではありません。しかし、定期的に受け続けることで、徐々に効果を実感できる時間が長くなっていくのが一般的です。それは、美容鍼が人間の自然治癒力に働きかける施術であり、自律神経やホルモンのバランスを整えることで本来の状態に戻していく治療だからです。美容鍼は本来持っている力を引き出すお手伝いをしてくれますから、身体が本来の力を取り戻せばその分効果は長続きすると考えるとよいでしょう。

注目記事

美容鍼

鍼灸の効果を持続させるためには身体を冷やさないのが基本

美容鍼の刺激によって引き起こされる身体の反応は、傷の修復などもともと人間が自然に行っていること…

清潔な鍼

症状の原因を遠ざけると鍼灸の効果が続く

美容鍼の効果をできるだけ長く持続させるために、根本的な原因を取り除かなければならないケースもあ…

肌に刺さった鍼

どのくらい必要?鍼灸師になるための学費

鍼灸師の国家試験は年に1回、毎年2月の下旬ごろに行われるのが通例です。しかし、すべての人が自由…

ニュース

TOP